私たちの目指す未来
2019.08.13

私たちの思い


私たちの目指す未来

きこえる人ときこえない人の間に存在する「バリア」

みなさんはきこえない人についてどんなイメージをもっていますか?

「耳がきこえない人と話すためには手話が必要?」
「耳がきこえない人は喋ることができない?」
「耳がきこえない人は音楽が好きじゃない?」
「耳がきこえない人は電話することができない?」

と、いろんなイメージを持っておられるでしょうし、
そもそもまったく関心がないという方もいることでしょう。
ちなみに正解は全て「×」です。

耳がきこえない人は全員手話ができるわけではないし、
普通に喋ることができる人もいるし、
普通に音楽好きな人もいて、
普通に電話もできる人もいたりして、
決して一概に言えるものではなく、みんな人それぞれなのです。

「手話エンターテイメントでバリアをぶっ壊す」

きこえる人ときこえない人がお互いに理解しあうためには、コミュニケーションが必要です。

しかし、音声言語による会話が主流の社会では、会話に障壁が発生しがちです。

そのため、私たちはきこえる人ときこえない人を繋ぐ「手話」をもっと広めたいと考えました。

そこで、私たちが考えた方法が「手話にエンターテイメントを取り込む」ことです。

エンターテイメントには「人の関心を引き付ける力」があります。

手話を使ったエンターテイメントでたくさんの人を楽しませることができれば、
自然と手話に対する関心が高まり、手話が広まっていくと考えたのです。

この世の中に存在する多くの心のバリアが”無関心”から生まれるものであれば、
私たちはエンターテイメントをうまく使って、たくさんの人の関心を引き出す。

そうして、きこえる人ときこえない人の間にある心のバリアをぶっ壊していきます